合格の秘訣は息抜きにある!受験生におすすめの息抜き方法10選

「受験生に息抜きは必要?ズルズルさぼりそうで心配!」

 

「勉強の集中力がアップする息抜き頻度ってどのくらい?」

 

このようにして、勉強と息抜きのバランスに悩む中高生はいつの世もたくさんいます。

 

結論から言うと、『受験生には適度な息抜きが必要』です。息抜きが合格の秘訣の1つと言っても過言ではありませんよ。

 

この記事では、受験生に息抜きが必要な理由と、時間や場所を選ばずにできるおすすめの息抜き方法を厳選して10個紹介します!

 

 

受験生の息抜きはあり?それともなし?息抜きが必要な理由

冒頭で述べたように、受験生には適度な息抜きが必要です。

 

なぜ受験生に息抜きが必要なのか、そのカギは人間の集中が続く時間にあります。

 

集中継続時間は年代によって違い、小学校低学年で15分、高校生で40~60分、大人でも1~2時間が限界です。

 

この時間一度も息抜きをしないと、たとえどんなに勉強が好きな人であったとしても、ストレスや疲労でパフォーマンスが落ちてしまいます

 

適度な気分転換で息抜きしながら、頭と体をリフレッシュして受験勉強の効率をアップさせていきましょう!

 

 

受験生におすすめの息抜き方法10選 

受験生が息抜きするなら、時間や場所を選ばずにできて息抜き状態を引きずらず、勉強に良い効果をもたらす方法を選びたいですよね。

 

ここからは、受験生におすすめの息抜き方法を厳選して10個紹介します!

 

 

仮眠をとる

受験生におすすめの息抜き方法の1つめは、仮眠をとることです。

 

寝る時間は15分程度に収め、長くても30分以内に起きることをおすすめします。

 

15分程度でも仮眠することで疲れた目を休められるだけでなく、認知能力や注意力までもアップするのです。

 

眠気を我慢して勉強を続けるよりも、サクッと仮眠してパワーアップして勉強に戻った方が断然効率的と言えますね。

 

なお、そんな短い時間じゃ寝たりないくらいに疲れている場合は、ベッドに移動して90分間の睡眠を取ってください。

 

寝つきを良くするためにも寝る直前のスマホやタブレット学習は避けましょう。

 

仮眠はあくまでも息抜きですので、くれぐれも寝すぎには注意してくださいね!

 

 

運動して身体を動かす

受験生におすすめの息抜き方法の2つめは、運動して身体を動かすことです。

 

その場ですぐに行えるストレッチや深呼吸をはじめ、有酸素運動や筋トレなども動画を見ながら5~20分程度やってみましょう。

 

全身の血流が良くなるので、脳の働きを活性化させることができますよ。

 

ただし激しい運動を長時間やりすぎるのは、疲れすぎて勉強に戻れなくなる恐れがあるので、注意が必要です。

 

しっかり運動したい人でも30分から1時間程度にとどめ、辛くハードなメニューではなくリラックスできるような運動を取り入れましょう。

 

家の中じゃ気分転換にならないという人は、外に出て近所を散歩したりランニングしたりするのもおすすめです。

 

 

音楽を聴く

受験生におすすめの息抜き方法の3つめは、音楽鑑賞です。

 

好きな音楽を聴けば短い時間でスッキリとリフレッシュできるほか、モチベーションが上がり、やる気をよみがえらせることもできますよね。

 

また、普段良く聴いている音楽も良いのですが、験生におすすめなのはクラシックです。

 

普段クラシックなんて聴かないという人にこそ試してみて欲しいのが、モーツァルトの曲。

 

精神科医の和田秀樹さんいわく、モーツァルトの音楽には癒し効果があり、自身の受験の際にもよく聴いていたそうです。

 

前頭葉の働きを活発にして冷静さをキープし、持続力が高まるなど脳のコンディションを整える効果が期待できるので、ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか。

息抜きにおすすめの音楽配信サービス一覧はこちら

 

スマホで友達と話す

受験生におすすめの息抜き方法の4つめは、スマホで友達と話すことです。

 

お互い同じ受験生として勉強や将来について語り励まし合うのも良いですし、勉強と違う好きな話で盛り上がるのも良いでしょう。

 

無料通話アプリなどを利用すれば料金を気にせずおしゃべりが楽しめるほか、テレビ電話機能を利用して相手の顔を見ながら話せばさらに楽しくなりますよ。

 

「受験生だから電話したら悪いかなぁ…」と友達は遠慮しているかもしれません、息抜きしたいと思ったら電話してみてください。

 

ただしあまりに毎日のように電話しすぎたり、長話しすぎたりは嫌われますので、ほどほどにしましょうね。

 

 

マッサージしてもらう

受験生におすすめの息抜き方法の5つめは、マッサージしてもらうことです。

 

親や兄弟などを部屋に呼んで、首や肩回り、背中など自分ではなかなかうまく押せないところをマッサージしてもらってください。

 

受験勉強を続ける生活は、自分が思うよりストレスが蓄積されているため、緊張状態になってコリが酷くなりがちです。

 

本格的なマッサージはプロでなければ難しいのですが、『手当て』という言葉があるように、人の手で触れてもらうだけでリラックスできてホッとできますよ

 

そして、マッサージしてもらった後には、家族であってもありがとうの言葉を忘れずに。

 

その一言があると次もお願いしやすくなりますよね。

 

 

読書をする

受験生におすすめの息抜き方法の6つめは、読書をすることです。

 

その際特におすすめしたいのは、受験生活とオーバーラップしてモチベーションを上げられるような作品です。

 

受験が成功する話や、その過程を描いた小説・実話などが良いでしょう。

 

読みながら『もっと勉強を頑張ろう』と思える本ならば、息抜きタイムから勉強に戻るのもスムーズになりますよね!

 

また、受験に関する参考書や教科書とは違う、趣味として楽しめるジャンルの本でもOK。

 

読書好きの人ならば、思い切り本の世界に没頭したくなるかもしれませんが、その場合は必ず時間を決めてから読みましょう。

息抜きにおすすめの電子書籍はこちら

 

好きなものを食べる

受験生におすすめの息抜き方法の7つめは、好きなものを食べることです。

 

空腹過ぎては受験勉強に集中できないので、小腹を満たす程度に美味しくて好きなものを食べたほうがやる気も出ますよね。

 

チョコレートやバナナなど糖質を摂取すれば、頭の回転が良くなりそうですが、糖分の摂り過ぎは逆に眠気を引き起こすので、食べる量に気を付けましょう。

 

勉強しながらダラダラ食べ続けないようにする、食後は歯磨きをするなどメリハリを付けて食べることが大切ですよ。

 

なお、できるだけ規則正しい食生活を心がけ、どうしても夜遅くに食べたいときは、消化の悪い油ものやジャンクフードは避けて、胃に優しいものを選んでくださいね。

 

 

短時間だけネットする

受験生におすすめの息抜き方法の8つめは、短時間だけネットをすることです。

 

受験勉強中は、スマホやPCでのネットサーフィンを制限している人も多いと思いますが、時間を決めてネットニュースを見たり、SNSをしたりすれば世の中の流れをキャッチできますよ。

 

どのくらいの時間にすればよいかというと、年代別の集中力継続時間を元にすると、例えば高校生なら、60分に1回の休憩の際に10~15分だけネットに触れると言った具合です。

 

どうしてもダラダラ観てしまいそうな場合はタイマーなどをセットして、鳴ったらキッパリと辞めて勉強に戻るなどの条件付けをしてくださいね。

 

 

テレビを観る

受験生におすすめの息抜き方法の9つめは、テレビを観ることです。

 

いまの受験世代はスマホなどでネットを観る生活の人が多いため、あえてテレビ番組を選択すると新鮮に感じられて、よい息抜きになるかもしれませんね。

 

また、テレビにはネットと違ってCMをスキップ出来ない、放送時間が決まっているなどの特徴があります。

 

「この番組が終わったら勉強に戻る」とか「CMまでの時間だけ観る」などの見方をしても良いでしょう。

 

受験勉強中はじっと勉強部屋にこもる時間が増えがちですが、テレビのあるリビングに移動して観れば、家族と一緒に息抜きタイムも過ごせますよね。

 

 

ゲームをする

スマホゲーム

受験生におすすめの息抜き方法の10個めは、ゲームをすることです。

 

スマホのゲームアプリならば無料でプレイできるものがたくさんありますよね。

 

パズル系や脳トレ系ゲーム、将棋ゲームなどなら、息抜きだけでなく、脳を活性化することにもつながりますよ

 

「勉強続けていたらちょっと眠気が…」なんて時にもピッタリですね。

 

ただし、RPGやFPSなどは終わりが見えないゲーム内容なので、ついズルズルと長時間になって辞められなくなる場合も多く、避けたほうが無難です。

息抜きにおすすめのゲームアプリはこちら

 

 

やりすぎはかえって非効率!受験生が息抜きするときの注意点

受験生には息抜きがおすすめで、うまく使えば勉強効率がアップし良い結果につながる確率も上がります。

 

ですが、息抜きのしすぎはかえって非効率

 

ここからは受験生が息抜きするときの注意点を紹介します。

 

息抜きの頻度

受験生が息抜きするときの注意点として、息抜きの頻度があります。

 

勉強より息抜きの回数の方が多くては、勉強の効率は下がるばかりでまったくの逆効果ですね。

 

人間はついつい、楽な方に流れてしまいがち。息抜きのメリットばかりに注目すると、無意識に自分を甘やかしてしまうようになりますよ。

 

40~60分の間に一回息抜きを入れる場合、息抜きの時間もきちんと管理して、メリハリを付けることが大切なのです。

 

 

スマホの使い方

受験生が息抜きするときの注意点のもう一つは、スマホの使い方です。

 

特にスマホゲームや動画には、時間を忘れさせてくれる楽しさがあるため、息抜きの時間が長くなりやすいデメリットがあるのです。

 

使い続けるうち「次はどうなるんだろう」とワクワクするドーパミンという脳内物質が出るため、スマホには中毒性があるとも言われていますね。

 

スマホを見過ぎてしまう人は、勉強中はスマホを遠くに置いておくなどの工夫が必要です。

 

 

まとめ 

この記事では、合格の秘訣とも言える受験勉強の息抜きにスポットを当て、受験生におすすめの息抜き方法10選を紹介しました。

 

ただガムシャラに勉強し続けるのではなく、息抜きを上手く活用して勉強効率や集中力をぐんぐんアップさせることが大切です。

 

でも油断して息抜きメインになってしまわないよう、くれぐれも気を付けて行ってくださいね。

 

受験生こそ上手に息抜きしながらうまく気分転換して、志望校合格を目指しましょう!

こちらの記事もおすすめ

    学生の暇つぶしにおすすめ!お金をあまりかけずにすぐできる10の方法

    学生の方は予定のない休日やアルバイトの合間など暇を感じてしまう瞬間がありませんか? 部活やサークル活動、アルバイトなどをしていない方は、さらに暇を持て余しているかもしれません。 そのような方に向けて、今回は学生にオススメの暇つぶし方法を学生別にご紹介します。 既に知っているものもあるかもしれませんが、新しい暇つぶし方法がきっと見つかるはずです。 また、今回は ...

    授業中に暇な学生必見!バレずに過ごせるおすすめの暇つぶし方法12選

    学校の授業は興味がある話題なら楽しめますが、全く興味がない場合は受ける気が失せますよね。 中には、授業中暇すぎてぼーっとしている方もいると思います。 暇なときに何もしないのもいいですが、「せっかくの学校生活なので楽しいことをしたい!」というのが本音でしょう。 なので今回は、授業中に使える暇つぶし方法を紹介していきます。 ただし、授業は受けなくてはいけないもの ...

    高校生の暇つぶしにおすすめ!家や通学中にできる過ごし方8選

    高校生活は忙しいときもありますが、暇なときも多いですよね。 学校がない休日のようにまとまった暇もあれば、授業の空き時間や通学時間など、暇を感じることがあると思います。 ですが、いざ暇だとなった時に何もやりたいことが見つからないこともあるでしょう。 そこでこの記事では、暇つぶし方法に悩む高校生の力になるために、おすすめの暇つぶし方法を8つご紹介していきます。  ...

    中学生の暇つぶしにおすすめ!放課後や休日が楽しくなる過ごし方10選

    中学生の皆さんは、放課後や休日など空いた時間というのが意外とできるのではないでしょうか。 そんな時に、「何かして暇つぶししたいな」と思うこともあるでしょう。 そのような暇を感じている中学生の皆さんのために、この記事では中学生におすすめする比較的安く簡単にできる暇つぶし方法を紹介していきます。  目次1 中学生が暇を感じるのってどんなとき?1.1 部活動がない ...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。